FC2ブログ

ROOTで横軸の設定

ROOT使用時に横軸の設定でよく使う
graph1->GetXaxis()->SetRangeUser(0.,10.)
という記法。

ヒストグラムを書く時はこの記法で自由自在に横軸の値を変えられた。
しかしTGraph時はうまくいかない。

調べてみるとこれはZOOMする時しか使えないらしい。
(それはTGraph時に言えるっぽい?)
例えばデータの横軸範囲が1e+05~1e+08の時、-10~1e+6等の範囲で表示できないっぽい。
どこからどこまでが表示できる範囲で、どこからどこまでがそうでないのかはわからない。

(2011/03/23追記)
データを含まないヒストグラムを下に引く事によって範囲指定は補うことができる。
この方法だと、データの範囲より広くデータを取ることができる。
以下、参考までに

a.png
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

中野梓
プロフィール

dhythm

Author:dhythm
関西に住む大学院生。専攻は宇宙物理学。
専攻が宇宙物理学の理学修士。現在は社会人。
Mac, Windowsを併用。Linuxでサーバーマシンをたてる計画中。
使用言語 : C, Java, COBOL, Perl, Python, Object-C

社会の荒波にもまれながら、日々勉強中。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード