FC2ブログ

ROOT その2

ROOTをC++に埋め込む方法を教えてもらった。

TApplicationクラスとRun()を使用することでC++内に組み込めるとのこと。
TApplication.hをインクルードする必要があるが,makefileを作れば問題ない。
内容は以下の通り

TARGETS=プログラム名

ROOTFLAGS = $(shell root-config --cflags)
ROOTLIBS = $(shell root-config --libs)

CXXFLAGS = -Wall -O2 $(ROOTFLAGS)
CXXLIBS = $(ROOTLIBS)

all: $(TARGETS)

プログラム名: プログラム名.o
g++ -o $@ プログラム名.o $(CXXLIBS)

.cc.o:
g++ -c $(CXXFLAGS) $<

これでC++からルートを起動できる。
どうでもいいことだけど今までC++の拡張子はcppにしてたんだけど,ccが一般的みたいなのでそっちを使います(ぇ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

中野梓
プロフィール

dhythm

Author:dhythm
関西に住む大学院生。専攻は宇宙物理学。
専攻が宇宙物理学の理学修士。現在は社会人。
Mac, Windowsを併用。Linuxでサーバーマシンをたてる計画中。
使用言語 : C, Java, COBOL, Perl, Python, Object-C

社会の荒波にもまれながら、日々勉強中。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード