FC2ブログ

【COBOL】文字列の連結

COBOLで文字列の連結はSTRING句を使えば実現できる。

・これまであった文字列の後ろに新しい文字列をつける方法。
 (C言語のstrcat関数)
STRING STR-ORIGINE STR1 STR2 INTO STR-ORIGINE

・○○文字目から上書き(デフォルトは1文字目から上書き)
STRING STR1 STR2 WITH POINTER ○○ INTO STR-ORIGINE

・区切り文字指定(空白文字で区切る場合)
STRING STR1 STR2 DELIMITED BY SPACE INTO STR-ORIGINE

・全桁転送
STRING STR1 STR2 DELIMITED BY SIZE INTO STR-ORIGINE

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと。
ジャンル : 日記

コメント

非公開コメント

中野梓
プロフィール

dhythm

Author:dhythm
関西に住む大学院生。専攻は宇宙物理学。
専攻が宇宙物理学の理学修士。現在は社会人。
Mac, Windowsを併用。Linuxでサーバーマシンをたてる計画中。
使用言語 : C, Java, COBOL, Perl, Python, Object-C

社会の荒波にもまれながら、日々勉強中。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード