FC2ブログ

LaTeXitで日本語化(解決?編)

前々回の日記でLaTeXiTの日本語化がうまくいかず、入力した式などが消えると言ったけど一応解決。
解決策としてはLaTeXiTをダウングレードした(ぇ

私はLaTeXiTに対してUTF-8が実装されたLaTeXを使うなどという高尚な真似はしておらず、プロセスの前でnkfを噛ませて、プロセスと同時にdvipdfmxで吐かせるという手法ととっている。
実行自体は日本語を使うときにちょっとばかし遅くなるのだが、そこまで日本語を使うものでもないのでまぁ良いとしよう。

2.3.0と2.2.0ではそのプロセスを噛ませたときに入力していた式が消えるという現象が起きた。
つまり、前プロセスがうまく通っていないわけだ。

なのでバージョンを下げて2.1.xでやってみた。
するとエラーメッセージ。
何も言わず消えるより優しい。

さらにダウングレード
2.0.0で挑戦。
見事日本語化に成功。

参考までに前プロセスと同時プロセス。
図を載せれたらいいんだけど、現在自宅Windowsからの更新なのでそんなわけにもいかず、後ほど。

前プロセス
export TEMPFILE=$CURRENTDIRECTORY/tempj.tex
/sw/bin/nkf --sjis $INPUTTEXFILE > $TEMPFILE
cp -f $TEMPFILE $INPUTTEXFILE

同時プロセス
dvipdfmx $OUTPUTDVIFILE



構造がよくわからないって人は「LaTeXiTでファインマン・ダイアグラムを作る」でも参考にすればいいんじゃないでしょうか?
図は後ほど記載
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

中野梓
プロフィール

dhythm

Author:dhythm
関西に住む大学院生。専攻は宇宙物理学。
専攻が宇宙物理学の理学修士。現在は社会人。
Mac, Windowsを併用。Linuxでサーバーマシンをたてる計画中。
使用言語 : C, Java, COBOL, Perl, Python, Object-C

社会の荒波にもまれながら、日々勉強中。

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード